家族葬をするメリット|ゆっくりとした時間を過ごせる

注目される葬儀の形

葬儀場

時代の変化によって

家族葬というものをご存じですか。最近は身近な職場などでも、家族葬の知らせを受けるようになってきました。東大阪市も例外ではありません。今、この家族葬が注目されています。それは、なぜなのでしょうか。よくある一般的なお葬式は、家々の「葬儀・告別式」という形で行われます。昔から、東大阪市ではや慣習に沿って行われてきました。そして、職場や町内、友人や知り合いなど多くの人に、故人が亡くなったことを知らせて、参列してもらいます。東大阪市でも、このようなお葬式が一般的でした。しかし近年は高齢化により、高齢の故人とつきあいがあった方々も亡くなっていることが多いのです。そうなると参列者が少なくなりますので、自然と規模の小さいお葬式を求めることになってきているでしょう。また昔は、東大阪市の地域の人たちがお葬式を手伝って行うことが、ほとんどでした。ところが近年はご近所づきあいが少なくなり、家族だけで行うことも増えてきました。従来のお葬式では、故人を見送る遺族は、たくさんの参列者への対応に追われます。疲れが溜まるのはもちろん、じっくりと故人との別れの時間がとれない、といった声も多く聞かれるのです。これでは本来の「故人を送る」という意味合いからも、外れてしまいます。こういった理由から、それらがすべて解消される家族葬が注目されています。実際、利用者数は年々増えていっているのです。家族葬とは故人を心から送るため、今の時代に合ったお葬式の形と言えるでしょう。